HOME > 2015年2月の記事一覧 > 台湾留学生活をする上で日本から持って行く必需品

ニーハオ!ザニーです($・・)/~~~
大家新年快樂!!

昨日はチャイニーズニューイヤー(旧正月)の元旦だったので、街では多くの店が閉まっており、台北の街は全体的に閑散としておりました。ただ不定期に爆竹音だけが鳴り響き中華圏の雰囲気を醸し出しています。
いやぁ、今年二回目の元旦なので少し調子が狂います(@_@;)

また一週間後、正月明けから世間はいつも通り仕事や学校が始まります。
このタイミングに台湾へ異動になるサラリーマンの方や新学期を迎える留学生の方がいらっしゃるかと思います。

今回はそんな新生活を台湾(その他外国の方もご参考に)で過ごされる方々へ少しでも参考になるべく、私がこれまで台湾に住んだ経験から、
台湾生活を始める上で日本から持って行く必需品12アイテム
について紹介していきたいと思います($・・)/~~~
これらはあくまでも私にとっての必需品なので、
皆様は持って行った方が良いもの程度に捉えて読み進めて頂ければ幸いですm(_ _)m

では、日本から台湾へ持っていくべき必需品達!
出てこいや!(-o-)/

アイテム①



免許証の中国語翻訳文
こちらは台湾で車や原付を運転する際に必要なものになります。
台湾では日本発行の国際免許の使用は認められておりませんので、日本の免許書と一緒に日本の免許証の中国語翻訳文を携帯することによって入境後一年は運転可能です。
こちらの中国語翻訳文を発行してもらえる機関は日本と台湾それぞれにありますが、
日本出発前に揃えておいた方が後々楽でしょう。
日本ではJAF、台湾では交流協会で発行してもらえます。
JAF/海外サポート

公益財団法人交流協会



アイテム②



スマホ端末
台湾では地下鉄、コンビニ、一部カフェなどでフリーWi-Fiが利用可能です。解約済みの端末でWi-Fiを利用し、現地台湾で契約した携帯電話は通話のみ使用すればパケット代が節約できます。(電話代もLINE電話を使用し節約できます。)



アイテム③




気候の変化や空気の汚染度、食べ物の新鮮度などが日本と異なるため、どうしても体調を崩してしまう時もあります。ローカルな病院に行けば見たこともない漢方薬を渡されますし、街で売っている日本の薬は1.5倍以上の高額なため、日本から持参した方が良いです。



アイテム④



消臭・除菌スプレー
台湾では路上を歩いていても常に色々な臭いが飛び交っています。
食事の場でも臭豆腐をエースとした独特な臭いが店内に充満しております。
出かけるたびに衣服に臭いが付いて、外出を重ねるたびに臭いが繊維の奥まで染み込んでとれなくなります。その割にクリーニング屋が街に少ないので、こまめに日本製の消臭・除菌スプレーを吹き掛けてクリアにしております(@_@;)



アイテム⑤



アルコール入りウェットティシュ
台湾にはアルコール成分が含まれたウェットティッシュがあまり販売されておりません。
飲食店ではおしぼりが出ませんし、夏は汗が滝のように吹き出るので常に携帯しております。



アイテム⑥



マスク
台湾は空気が悪い上、湿度の変化が激しいので頻繁に喉がやられます。
台湾製のマスクは、原付運転用にサイズがとても大きく、ヒョウ柄だったりとマスク自体が余計な主張をしているため、決して荷物にならないので日本製を持ってくることをお勧めします。



アイテム⑦



柔軟剤
ほとんどの方が借りている家の備え付けの洗濯機を使わざるを得ないことと思います。台湾ではそれらのほとんどは日本製ではありません。海外の洗濯機はかなり乾燥が強く設定されております。洗剤は現地のもので良いと思いますが、衣類の寿命を伸ばすために日本製の柔軟剤を使用してます。



アイテム⑧



体温計
日本式とアメリカ式の体温計で度数表示が異なりますので、現地で誤ってアメリカ式の体温計を買わないためにも、軽量なので荷物に詰めていきましょう。



アイテム⑨



シャンプー、コンディショナー
台湾のシャンプーは頭皮の油を極度に奪ってしまうので風呂上がりパサパサになってしまいます。また、水も硬度が高く乾燥しているため少し上質な日本のコンディショナーでケアした方が髪のダメージは減らせます。



アイテム⑩




俺…

ではありません。

大変失礼しました。

m(__)m

真冬のコート
台湾は沖縄と同じような気候でとても一年過ごしやすいと言われています。
確かに冬も日本の寒さには到底及びません。が、12月〜2月の時期は雨も多く、10℃を下回る日が続きます。私も台湾の冬をなめており、慌てて実家からコートを送ってもらいました(笑)



アイテム⑪



アイロン


上にも書いたように、外国製の洗濯機は乾燥の設定が強いため、洗濯後衣類が乾いた雑巾のようにカチカチ、クチャクチャで出きます。そこを日本から持ってきた柔軟剤とアイロンで対応しなくては良い服もすぐに死んでしまいます。要するに洗濯事情には手間隙がかかるということですm(- -)m



アイテム⑫



携帯ウォシュレット
台湾のトイレは高級ホテルですらウォシュレットを搭載しておりません。
日本で必要としている方は出国前に購入されることを強くオススメします。


さてさて、今回は日本から台湾へ持って行った方が良いもの12アイテムを紹介しました。
台湾に旅行に行く際にもこれらを友達へ持って行ってあげれば喜ばれると思います。
実際、柔軟剤や消臭・除菌スプレーなどは現地で台湾製や外国製も販売してますが、種類は少なく、香り成分が入っておらず、効果もイマイチです。また、現地でも日本製品を購入できますが1.5倍以上の高額で、しかも量も少なくなっていることが多いことも考慮してここに紹介させて頂きました。

では、本日はここで失礼します。
お読み頂き有難う御座いました!

もし台湾生活を始められるご予定の方へ下記記事がご参考になれば嬉しいです。

台湾の留学生、移住者向 家の探し方
一ヶ月の台湾生活費公開!留学,ワーホリ予定の方へご参考まで!
台北国際学舎 台湾生活始まりの宿舎紹介
台湾駐在員、留学生向け暮らしに役立つカード類

再見($・・)/~~~

この機会に台湾を知ろう!


台湾生活情報一覧
一ヶ月の台湾生活費公開!留学,ワーホリ予定の方へご参考まで
台湾物価調査!!1000円で買えるものTOP10
台湾(台北)生活あるある TOP10
台湾留学情報一覧
台北国際学舎 台湾生活始まりの宿舎紹介
台湾の留学生、移住者向 家の探し方
国立台湾大学 超エリートのキャンパスに潜入!!
台湾人の情報一覧
台湾人男性(彼氏)の特徴をたくさん集めてみた
台湾人女性(彼女)の特徴をたくさん集めてみた
台湾言語情報一覧
台湾のおもしろ・ユニーク漢字単語集10句
中国語会話 ネイティブ台湾人の使う繁体字言葉20句
台湾ブログ Facebookページ

台湾留学生活をする上で日本から持って行く必需品

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします