HOME > 2014年11月の記事一覧 > 台湾が世界一を誇る分野を8つ探してみた

ニーハオ!ザニーです($・・)/~~~

突然ですが、プチ報告させてください!

先週、初めて台北101展望台に登ってきました!



頂上に登ると山際までびっしり都市化が進んでいることがわかります!
台北の街が一望出来て本当に圧巻の夜景でした(ToT)/

なるほど、この盆地が夏の暑さの正体か…


台北101は地上101階、高さ509メートルの世界有数の超高層ビルで有名ですが、
かつては2004年12月から2010年1月の約9年の間は世界一高いビルとして君臨しておりました。(現在世界一は828メートルのドバイにあるブルジュ・ハリファ)

が、このめまぐるしい世界経済の発展に追い抜かれ、現在はあっというまに世界5位に。
そして更に5年後には13位になる見込みです。

で、帰りの地下鉄で思ったこと、、

台北101が抜かれた今、他に台湾が世界一を誇るものって何があるんだろうか?(@_@;)
と思い、ネットで色々探してみましたが、日本語検索では未だに台北101ばかりひっかかってきます。


いや!探せば必ずあるはずだ!台湾が世界一のもの!(*_*)
VIVA!Taiwan!No.1~!

と、かなりマジになって外国語検索をしてみたり、現地人に聞きとりをした結果、何とか8つ見つけてきました!


まあ今回も完全なわたしの自己満発表会になってしまいますが、
日本ではあまり知られていない台湾市場(マーケット)、産業が誇る世界一の強みをここに報告して参ります!どうかお付き合いくださいm(__)m


それでは行って参りましょう($・・)/~~~


1つ目の世界一



コンビニ件数の比率が世界一
一定面積でのコンビニ出店数が世界一多いということです。
台湾国土の面積ですが、下記の通りほぼ九州に近いです。

台湾面積:3万6千㎡
九州面積:3万8千㎡

日本も複数のコンビニがしのぎを削っており、コンビニ大国と自負します!
台湾?そんなの余裕で勝てるでしょう!

さて結果は…

<2013年度調べ>
台湾コンビニ店舗数:9,916軒
九州コンビニ店舗数:3,858軒

コンビニ大国日本にざっと2.5倍の差をつけて台湾が勝利!
面白いのがですね、台湾のコンビニ数9,916軒のうち7,934軒(80%)が日本企業のセブンイレブン(5,001軒)とファミリーマート(2,933軒)でした。日本国内よりもシェアが高い状態になってしまっています(*_*;)

理由と致しましては、
・台湾には大衆スーパーやデパートが少ない点(あったとしても高所得者用)。
・夜市などの深夜営業の職業が盛んのため、24時間営業というシステムが台湾人のライフスタイルにマッチしている点。

ちなみに台湾にはマッサージ店や本屋など24時間営業のお店が多く存在します。


では続きます!


2つ目の世界一



FaceBookの利用率が世界一
FaceBookにアカウント登録している人の確率が世界一多いということです。

まず2014年6月時点での日本の利用率は18%。
ふむ、全国民のだいたい5人に1人は利用しているという驚異的な数字ですね(*_*)


では、台湾はというと…

67%


へ?(@_@)


67%!

マジか!!全国民で?そのデータ何かバグってないか?

いや、これが本当なのです。
台湾の調査会社の調べによると16歳~60歳の利用率に関しては、90%近くあるそうです!!
確かにこっちに住んでからFaceBookを利用してない人には会ったことがないなぁ(@_@)
会って5分でFaceBookあるか?と聞かれいつの間にかアカウントが名刺代わりの感覚になってますね。

実は台湾のスマートフォンの普及率は去年の時点で、日本は25%に比べ、51%を誇ってそうです。
PayPalアプリで決済をする露店もたまに目にします。
知り合いの農家のおばあちゃんもフェイスブックにマンゴーの写真をアップしてきます。
原住民タイヤル族の衣装のポケットからもLINEの着信音が漏れてました。

台湾は仕事中にも私用携帯の使用を禁止されてないため、単純に日本人よりも長い時間いじってます。それが単純に普及率の上昇に繋がっているのかと考察します。
参考:台湾人によるFacebookの使い方や楽しみ方


では、次!


3つ目の世界一



原付バイクの所有率が世界一
台湾人口と原付バイクの割合が世界一多いということです。

なんと!

台湾人口:2,300万人
原付の数:1,400万台

人の半分以上のバイクが存在してます!
そのため写真のようにヘルメットだけで食っていける人達がいます!


でも、他のアジア新興国も負けてないのでは!?と思い調べた結果…

<人口と原付の割合>
ベトナム :6人に1台
タイ   :4人に1台
マレーシア:3人に1台
台湾   :1.6人に1台

台湾の圧勝…。
これらはGDPも大いに関係してる結果でしょうね。
ちなみに原付メーカーのシェアはざっとこんな感じです。

第一位 KYMCO 約40%
第二位 YAMAHA 約30%
第三位 その他メーカー 約 30% 


はい、続いて


4つ目の世界一



自転車シェアリング普及率世界一
自転車シェアリングとは、公共自転車を共同で利用するしくみで、自転車の貸出や返却を行う駐輪場を街中に設置しています。どの駐輪場でも自転車の貸出や返却が可能で、一般のレンタサイクルとは異なり、借りた場所以外でも自転車を返却できます。台北の地下鉄では写真のように自転車で乗車するのも可能なので、幅広い移動コースを選ぶことができます。先程申し上げたように原付バイクが世界一普及しているため、交通渋滞や空気汚染の回避を目的としているとの事です。

こちらがシェアされる公共自転車です。


2012年8月から導入されて以降、1台につき1日10人が乗り、全体で6万人が利用すると言われており、シェア会員数はなんと国民人口の87%の2,000万人までのぼります(日本人口に置き換えると1億700万人)。製造は台湾大手自転車メーカー「GIANT」で、日本国内にも15店舗あります。


ではつぎ、


5つ目の世界一



サックスフォン(サクソフォーン)の生産数が世界一
金属製の木管楽器のサックス。その世界で吹かれているサックスの64%は台湾で製造されているそうです。台湾国内にはサックスメーカーが20社存在し(日本は2社)、その内15社が台中市后里区に集中しているとのこと。その后里区は人口約5万人ですが、ここで世界のサックスの1/3のを生産するいわゆる「サックスの街」です。

そのサックスの街にはこのようなサックス博物館があります。


名称:張連昌サクソフォン博物館
入場料 :平日50元(175円) 週末100元(350円)
営業時間:09:00~17:00
住所  :台中市后里区公安路330-1号
電話番号:+886-4-25562363

こちらは2011年からオープンし、全敷地は650坪あるそうです。
2012年からサックス国際コンクールも開かれており、
ホームページから受付用紙をダウンロードし、3500円を振り込めば誰でも応募できます。

第1次審査はDVD選考で40名まで絞られます。
第2次審査はここ后里区の会場で審査官から指定された曲を演奏し10名に絞られます。
最終審査は自分で選曲した3曲を披露します。

大会勝者の3位には約30万円、2位は約50万円、1位は約300万円で、それぞれメダルと台湾製のサックスが授与されるそうです。世界有数のプロサックス奏者が年に一度、世界一を目指してここ台湾で熱い戦いを繰り広げるそうですが、実状台湾人ですらあまり知らないマニアックな情報をお送りしました。


さて、続いてですが、これは世界一の強みというか弱みというか…
多分、台湾に住んでる方、旅行で来られた方々は何となく気付いていると思います。

自らをすっきりさせるため、皆様にすっきりして頂くため、載せさせて下さい!


6つ目の世界一



メガネ率が世界一高い
メガネをかけている人÷台湾国民人口=Xが世界一高い数値である。

あれ?何か台湾メガネ率高くね?まっいいか。
と受け流した方もたくさんいるのではないでしょうか。

前回台湾国立大学のキャンパスをレポした時もあまりのメガネ率の高さにアウェイ感が半端無かったです(@_@;)
国立台湾大学 超エリートのキャンパスに潜入!!

で、それを立証する数字を台湾政府が2011年に発表してくれました。
なんと全国民で視力0.1以下が60%。そのうち42%(日本人もちゃっかり41.8%)が近視とのこと。
メガネの所有率についてアンケートをとった結果がこうです。

小学生:50%
中学生:75%
高校生:87%
大学生:95%

うむ、これは立派な数字ですね(*_*;)
この調子だと社会人は100%でしょう。
確かに日本人も台湾人に続く、第2位を韓国、中国と争っているそうなのですが、私達は文化的に周りを気にして外ではコンタクトを付けている人が多いですよね。
台湾人は感覚がないのと、安くてスタイリッシュなメガネがたくさん揃っている点からメガネ率世界1位に君臨しているのでしょう。


では残り2つ行きます


7つ目の世界一



マザーボード産業シェア世界一
マザーボードとはパソコン内に搭載されている主要な電子回路基板です。
これらは全てのパソコンに搭載されているもので、そのマザーボードを台湾メーカーが世界の約90%(年1500万台製造)のシェアを占めているそうです。
主な主要メーカーでは…

ASUS 約40%
GIGABYTE 約25%
ASROCK 約20%
その他、MSIやFOXCONNなど

この業界1位のASUS(アスース)ですが、東日本大震災の際に写真のように自社で生産するマザーボード右上に「GOD BLESS JAPAN(日本に神の御加護を)」とプリントして頂いた大変温情深い企業であります(T_T)
参考:フォーチュン・グローバル選出の台湾企業6社


では最後!


8つ目の世界一



言語の難易度が世界一
2011年に国連が文字、文法、発音、単語数など観点から言語の難しさを評価し、難易度ランキングTOP10を発表しました。
なんと1位は中国語!

ちなみに日本語は5位、一般的に難しいと言われるフランス語は10位。英語に関してはランク外。
どうやら1位に輝いた最大の理由は文字だそうです。ラテン系はアルファベットなど決められた記号の組み合わせで単語、文章を形成するのに対して、漢字は昔の人がそれぞれ物の形から連想して文字を作ってますよね。欧米人にとっては絵を並べて文章にしている感覚だそうです。

あと個人的にはやはり発音が難しいですね(T_T)/
1日勉強した夜、レストランで覚えたての単語をドヤ顔で発してもなかなか聴きとってくれません。
私は以前オーストラリアにも住んでいましたが、その頃に比べても中国語の難しさは身をもって感じます。


ということで

さていかがだったでしょうか?

台湾のイメージが少し変わりましたでしょうか?

今回は世界一ということにこだわりましたが、まだまだ日本よりも進んでるすごい部分が台湾にはたくさんあります。

日本も負けてられませんね!!(*_*)

では今日はこのへんで!
お読み頂き有難う御座いました。

再見($・・)/~~~

この機会に台湾を知ろう!


日台間の情報一覧
台湾で流行・人気の日本のもの8選 その1
台湾がなぜ親日国かその理由・背景を集めてみた
台湾生活情報一覧
台湾物価調査!!1000円で買えるものTOP10
台湾(台北)生活あるある TOP10
台湾人の情報一覧
女性必見! 台湾人女性の美の秘訣♡
台湾言語情報一覧
中国語会話 ネイティブ台湾人の使う繁体字言葉20句
台湾グルメ情報一覧
台湾人の食を支えているB級グルメ・ローカルフード10品
台湾文化産業情報一覧
フォーチュン・グローバル選出の台湾企業6社
台湾(海外)で外国人から学ぶビジネスモデル
台湾、タイ、韓国、マレーシア、シンガポール、フィリピン、ベトナムの物価を比較調査しました
台湾ブログ Facebookページ

台湾が世界一を誇る分野を8つ探してみた

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします