HOME > 2015年7月の記事一覧 > 台湾駐在員、留学生向け暮らしに役立つカード類

こんにちは!ほっぺです。

台湾も日本に負けずカード大国です。
「会員カードありますか?」「ない?じゃ、作りますか?」最初の頃、中国語が話せず、うなずいてばかりいたら大量のポイントカードで財布がパンパンになってしまいました。
しかし、2年たった今、本当に必要なカードがわかってきましたので、今回は厳選したカード4枚をご紹介します。

今回ご紹介するカードは1枚を除き、旅行者でも作れるものを集めてみました。

1.悠遊カード(ゆうゆうカード)



いわずと知れた、台湾版PASMO、SUICAです。
いわゆる電子マネーカードですね。使い方は日本と同じ。専用の機械にかざせばオッケー。
スーパー、ドラッグストア、レストラン、主要コンビニ、MRT、バス、電車と色々な場所で使えます。チャージもMRTの自動改札機やコンビニで簡単にできます。その辺も日本と同じですね。
ちなみに私のカードはセブンイレブンで購入しました。コンビニに売ってるカードはデザインが豊富で可愛いですが、このカードはデポジット機能はありません。(通常MRTの窓口で買うと、カード返還時にデポジットの100元が戻ってきます。)
チャージは中国語で「加値」(ジャージー)です。
この漢字が書いてある自動改札機でチャージできます。



2.デビットカード



外国人がクレジットカードを作るのに、かなりハードルが高い国、台湾。
現に私も「パートで働いています」程度では自分名義のカードは作れず。フルタイムで働いていても、おそらく1年以上の連続勤務経験とその会社の証明書などが必要らしく、聞くところによるとエライ面倒なようです。なので、私もいわゆるファミリーカードしか持ってなくて、何か買うと主人宛に明細が来ます。これでは、何を買ったかがバレてしまい、いちいちブツブツ言われてストレスですよね。
かといって、毎回現金を持ち歩くのもちょっと怖い。女性はインスピレーションで買い物をしますので、現金を持ち合わせていないときに限って、かわいいー!ラスト1点?これって運命の出会い!?買うしかないじゃん??と、不意な出費も多いのです。ですから、カードが無いとダメなのです!
さらに、こっちは2000元札が最高額(約8000円)で、この2000元札はあまり出回ってないため、1000元札(約4000円)がメインのお札となります。ですので、学費などの高額な支払いの時にはもう財布がパンパン。これに、500元札、100元札なんかが加わると財布の中がお札とレシートとポイントカードで、もうひどいことになってしまいます。

あーあ、カードがあればスマートに支払いできるのになぁ。

そこで!口座を作ると同時にデビットカードも一緒に作ってはどうでしょう?

デビットカードは日本でもあると思いますが、機能はほぼ同じだと思います。
クレジットカードと同じ役割を果たすものですが、
1.自分の口座にあるお金分しか使えません。
2.使ったらすぐその金額が引き落とされます。

台湾では、クレジットカードが使える場所はデビットカードも使えます。また、私のカードには先ほどの悠遊カードの機能もついていますので、そのチャージ金額も口座から引き落とされます。もちろん、このカードは普通に銀行カードの機能も兼ね備えていますので、ATMで現金の預け入れ、引き出しもできます。さらにデビットカードを使うとすぐに携帯のショートメッセージに連絡が来ますので安心ですね。これがあれば(残高額内ですが)、自分の金で何買おうと勝手だろ、バーロー!(江戸っ子風)てなもんで、
「またこんなモノ買って、似た洋服もってるじゃん?」とか、
「え!?こんな高級なレストランで、俺が働いてる間にお茶してたわっけ?」
なんて色々言われなくてすみますね。
※しかし旅行者、銀行口座を持っていない方は作成不可。
また、銀行や条件(短期滞在者など)によってはデビッドカードが作れない場合もありますのでご了承下さい。



3.家楽福カード(カルフールカード)



主婦の味方!カルフール!我が家は24時間営業(桂林店です。店舗によって営業時間が異なります)のカルフールから歩いて3分なので冷蔵庫代わりにしています。精算時にカードを出してポイントを貯めます。ポイント次第では景品に交換したり、お金に交換できたりします。お金の場合は、精算時にレジの店員さんが、例えば583元のお買い物の場合「3元引きますか?」といってくれますので、小銭が無い時なんか便利です。同じように、全聯スーパーもよく行く方であれば作った方がいいかもしれません。
家楽福(カルフール)について詳しいことはコチラをください。
台湾国内に63店舗以上! 家楽福(カルフール)とは!?



4.スターバックスカード



スタバをよく利用する方は作ることをお勧めします!
1,000元分チャージするとドリンク1杯無料の特典があります。サイズは中杯(ミディアム)ですが、その特典+不足分を支払えば大杯(ラージ)に変更もできます。どのドリンクも無料ですので、私は特典を使って、今まで飲んだことの無いものや限定フラペチーノを飲んでいます!また、スタバは時々、買1送1(一杯買ったら同じ商品一杯サービス)をやっていますので、その時期はすっごい長蛇の列になってます。クリスマス前後もマグカップやクッキーのセールをやっていたりして、お得な時期があります。



5.おまけ


よく行くお店でしたら作った方がお得かな?というお店を紹介します。
ドラッグストア系
屈臣氏(ワトソンズ)、康是美(コスメド)、美華泰(MIRADA)、、
これらのドラッグストアも会員カードを発行しています。個人的にオススメなのは、美華泰です。ここは日本の化粧品から台湾の化粧品、食品、洋服、下着とあらゆるものを網羅していて、結構安いです。

百貨店系

これは、あの百貨店そごう(SOGO)のHAPPY GOカードです。
そごうやファミリーマートなんかでポイントが貯められます。
他にも、台北駅のQスクエアのカードや、三越もあったと思います。

日本でも台湾でも知らず知らずのうちに増えるカード。
このほかにもたくさんのポイントカードがありますが、
よく行くお店に絞って使えばお得に台湾生活が送れそうですね!

おまけ


「しろくまねこのタマちゃん」LINEスタンプ発売中♪
みんな買ってね〜!

「かっぱまきさん」もよろしく!

この機会に台湾を知ろう!


台湾生活情報一覧
台湾(台北)生活あるある TOP10
台湾第3の都市台中の魅力と生活について
台湾企業サラリーマンあるある10選
台湾物価調査!!1000円で買えるものTOP10
一ヶ月の台湾生活費公開!留学,ワーホリ予定の方へご参考まで
突然台湾赴任が決まった方へのお役立ち情報
台湾言語情報一覧
中国語会話 ネイティブ台湾人の使う繁体字言葉20句
台湾グルメ情報一覧
台湾人の食を支えているB級グルメ・ローカルフード10品
台北旅行おすすめの台湾料理レストラン七軒
台湾文化産業情報一覧
台湾、タイ、韓国、マレーシア、シンガポール、フィリピン、ベトナムの物価を比較調査しました
台湾ブログ Facebookページ

台湾駐在員、留学生向け暮らしに役立つカード類

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします